MUSIC

音楽:Shinya【DIR EN GREY / SERAPH】

音楽には今や欧米をはじめ米国までをも活動の拠点に広げる日本発モンスターバンド【DIR EN GREY】。
結成当初からその“核”を支え続けるDrums Shinya。その彼が劇中の音楽を製作・監修。
そして彼が立ち上げた新プロジェクト【SERAPH】がエンディングテーマだけでなくオープニングをも担当。
劇中の世界観を完全なまでに彩っている。

Shinya
大阪府出身。
12歳よりドラムを始め、99年、DIR EN GREY のドラマーとしてメジャーデビュー。
近年では自身のバンドだけにとどまらず、『X JAPAN』のToshl率いる『CRYSTAL ROCK KNIGHTS』、『L’Arc~en~Ciel』のHYDE率いる『HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA』のメンバーとしても活躍中。

DIR EN GREY
1997年に大阪府で結成。
99年1月、X JAPAN のYOSHIKIをプロデュースに迎え、シングル3枚同時発売でメジャーデビューを果たし、すべてがオリコン・チャートのトップ10へランクインする。以降、現在までリリースされてきたすべてのオリジナル作品(シングル、アルバム、映像作品)が、同誌によるチャートのトップ10に名を連ねている。日本を始め世界各国で活動し、アルバム『UROBOROS』は世界17ヵ国で同時期発売され、米ビルボード誌のTop Heatseekersチャートでは1位を、Top Independent Albumsチャートで9位をそれぞれ記録している。ライヴ活動も各国で積極的に行っており、南米を含む全米からヨーロッパ、アジア、オーストラリアまで計30カ国で公演を行っている。

主題歌「Génesi」SERAPH
挿入歌「Destino」SERAPH

SERAPH
Shinya【DIR EN GREY】による初ソロプロジェクト。
バンドの激しさは身を潜め、深く妖美であり、スケールの広がるShinya 独特のアーティスティックな世界観を奏でている。